【この曲を聴いて死ね】Gum – Cornelius


どうも。

 

今回は Corneliusの『Gum』だ。

CorneliusはFlipper’s Guitarというオシャレなポップバンドのメンバーだった小山田圭吾のソロプロジェクトである。

Flipper’s Guitar時代の相方は小沢健二である。

 

小沢健二が一貫して「ポップの人」なのに対し、Corneliusはおれから見て完全に「こっち側の人」だった。

1stアルバムの『THE FIRST QUESTION AWARD 』こそポップ色は強いが、「あ、こっち側のニオイがするな」と感じさせる出来であった。

 

それ以来、彼のアルバムはちょこちょこ聴いている。

 

今回の『Gum』は5thアルバム『SENSUOUS』に収録されている。

 

 

重いギター音にサンプリングした声を重ねた、ライブ映えするチューンだと思う。

このPVはオフィシャルのものではなく、原曲に漫画調の表現を加えた面白い映像だ。

正直、これをオフィシャルに採用してもいいんじゃないかと思うぐらい、よくできている。

ぜひ観てほしい。

 

ではまた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください