【クルマ万話】NSX(初代)


どうも。

 

今回は初代NSX(NSX)を取り上げる。

 

NSXはバブル期に当時イケイケだったホンダが「フェラーリに追いつけ追い越せ」を目指して開発されたクルマだ。

よって、比較対象は当然フェラーリとなり、価格の安さや、当時スーパーカーでは主流だったV8エンジンではなくV6エンジンだったことなどから、「プアマンズ(貧乏人の)フェラーリ」と評された。

 

file

file (1)

 

しかし、おれはこのクルマにはV6ユニットで正解だったと思う。

理由は、パッケージングだ。

このクルマを作るに当たって、ホンダはドライバー指向を目指していたという。

つまり、絶対的な速さではなく、ドライビングの楽しさや快適性も求めていたということだ。

事実、このクルマはミッドシップにも関わらずゴルフバッグを2個積めるトランクスペースを有していた。

 

これは完全な後付け論だが、たぶんV8ユニットを搭載していたらこのような端正なプロポーションは保てなかったであろう。(てゆうかトランクスペースが犠牲になってた)

 

DE5CjUSW0AAgVMk

 

当時日本のメーカーで唯一スーパーカー市場に真っ向から殴りこんだホンダの姿勢は評価したい。

日本にはもう一台、「GT-R」という特別なクルマがあるが、あれは今も昔もレーシングカーだ。

まあ、その境界線もだいぶ曖昧にはなってきてるけどね。

 

このNSX、程度さえ気にしなけりゃ中古で手に入る値段にはなっている。

部品代が高いとか、そこら辺のホンダディーラーじゃメンテナンス受けられないとかいろいろ不自由な面もあるが、それでもフェラーリ買うよりゃマシだろう。

外車にはない日本車の良さというのは、そういう面にも表れてくるもんである。

 

ではまた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください