【不定期連載】ドルウォンを生暖かく見守るよ(2019/9/25)2


どうも。

 

本日、見事に1ドル=1200ウォン台に乗ったw

a

1200ウォンを防衛しようとして、通称「ワロス曲線」がキレイに右肩上がりなのがわかる。

あ、「ワロス」というのは「w」のことね。

 

しかし、今回のウォン下落の背景はなんなんだろうね?

前回1200ウォン超を付けたのは八月ごろだったが、あの時は日本の輸出管理強化とかGSOMIA延長拒否とかいろいろあったからねえ。

それに比べて今回は、米中貿易戦争も比較的落ち着いているし、話題には乏しい筈なんだが。

 

これ、もしかして前の記事で言ってた、9月末の対外債務の償還が絡んでるのかねえ。

だとしたら、オラわくわくすっぞ!

 

まだまだドルウォンから目が離せない。

 

ではまた。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください