【クルマ万話】トヨタ・ウィンダム(2代目)


どうも。

 

今回はウィンダムについて語る。

ウィンダムといってもウルトラセブンのお手伝いをする(大概役に立たない)アイツじゃない。

c33eed78

 

こっちである。

 

toyota_windom_1996_1

 

 

北米ではレクサスES300(当時日本にレクサスチャンネルはなかった)

 

この顔、好きなんだよねえ。

今のクルマにはないすっきりしたフロントフェイス。

内装もマークII程度には、そこそこ豪華だった。

 

乗り心地もそこそこいい。

出力200馬力程度のエンジンだが、踏み込むと「ふわ~ん」と加速する。

もちろん攻めるような性格のクルマではない。

のーんびりと流すのに適している。

室内はとっても静か。さすが腐ってもレクサス。

 

実はこのクルマ、買う機会が2度あった。

1度目は四駆のステーションワゴンと迷った挙句、ボツになった。

 

そして2度目が今である。

静かだし室内も広いし変にとんがってないし、今の自分にはぴったりだ。

このデカいトランクに釣り具を満載にして、釣りにでも行きたいもんである。

不人気車だけあって中古価格もこなれてるしね。

あーほしい・・・

 

ではまた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください