アナタハカミヲシンジマスカ?③


どうも。

 

「神が存在しない」根拠その3。

 

まず前提として、神は人間のために”のみ”存在する。

どういうことか?

おれは動物の気持ちを知ることはできないが、少なくとも犬が教会で十字を切っているのを見たことがない。

 

これは教義にも表れていて、多くの宗教は、動物を人間よりも格下に置いている。

仏教などはもっとも露骨で、人間界で罪を重ねた者は罰ゲームとして動物や虫に転生するとしている。

動物からしたら侮辱的な話である。

もし転生してセミになったとして、いったいどのような徳を積めば人間に復帰できるのか、甚だ疑問だ。

話が逸れたが、つまりは「神というのは人間に対してかなり都合の良い存在」だということになる。

 

これ、おかしいと思わないか?

他の星は知らんが少なくとも地球上には175万種の生物がいると言われている。

恐竜をはじめ絶滅した種も含めればもっと多い。

これらは等しく神が作り給うたものだ。

その中のたった一つの種、ヒトだけを優遇?おかしな話だ。

 

さらに言うと、人類の誕生は4~500万年前だが、文明が発生してからせいぜい1万年だ。

その1万年のうち、ほとんどの宗教は過去数千年以内に発生している

ね。おわかりでしょ?

 

神も信仰も宗教も人間が考え出したものに過ぎないんだよ。

 

核心に近づいてきたね。

 

ではまた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください