思考実験で遊ぼう


どうも。

 

政治だの歴史だのにもちょっと飽きたんで、倫理学の思考実験で遊んでみた。

思考実験とは、「極度に単純・理想化された前提で、、頭の中で想像するだけの実験」のことだ。

よって正解は無い。

 

これを見て自分なりの回答を考えるもよし、「ああ、コイツってこんな奴だったんだ」と思うのもよし、である。

 

なお問題はおーぷん2ちゃんねるの『年末だから倫理学の勉強でもしようか』というスレッドから引用させていただいた。

スレ主のID:infさんありがとう。

では、いってみようか。

 

トロッコ問題

線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなくひき殺されてしまう。今、あなたが以下のような状況に置かれたものとする。

(1)5人を助けるために他の1人を殺してもよいか

この時たまたまあなたは線路の分岐器のすぐ側にいた。あなたがトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別の路線でも1人が作業をしており、5人の代わりにその人はトロッコにひかれて確実に死んでしまう。あなたはトロッコを別路線に引き込むべきか?

※上述の手段以外で助けることはできないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。

 

(おれの回答)

ほっとく。

何もしなければ5人は元々死ぬ運命なわけで、おれの行為で別路線の1人の人生を歪めることには抵抗がある。

 

(2)太った男 ~トロッコ問題から派生した問題

あなたは線路の上にある橋に立っており、横にとても太った男がいる。もし彼を線路上に突き落として障害物にすればトロッコは確実に止まり5人は助かる。
だがそうするとその男がトロッコにひかれて死ぬのも確実である。男は状況に気づいておらず自らは何も行動しないが、あなたに対して警戒もしていないので突き落とすのに失敗する恐れはない。
あなたは男を突き落とすべきか?

※前述の問題と同様、あなたは突き落とすか落とさないかの選択肢以外はないものとする。あなたが自ら飛び降りても体重が足りずにトロッコを止められず、その事実をあなた自身も理解しているものとする。

 

(おれの回答)

突き落とさない。理由は上記と同様。

 

洞窟のデイヴ

洞窟を調査していた6人の探検隊が洞窟を脱出しようとして、軽率にも太った男(デイヴ)を先頭にしてしまった。
そのとき、デイヴが小さな出口で詰まってしまい、後ろの隊員が出られなくなった。時間に余裕があれば、
他の出口を探したり、救助を求めに行ったりすることもできるかもしれない。ところが、洞窟の中で突然水があふれ出し、
一刻も早くここを脱出しなければならない。幸運にもデイヴを吹っ飛ばして脱出できるだけのダイナマイトを持っていた。
さて、探検隊はダイナマイトを使うべきか、それとも溺れ死ぬべきか。

 

(おれの回答)

吹き飛ばす。

 

サバイバル・ロッタリー

近未来のとある世界。この世界では、医療技術の基礎は臓器移植である。
この制度が発足する以前、世界は慢性的な臓器不足に悩まされていた。
しかし、生存率の増大という原理に沿って新しい制度が発足して、問題は解決に向かった。
その制度の要点は、脳死者から臓器の提供を受けるという古い制度を廃止して、
臓器の提供者は健全な市民からくじ引きで選ぶという点にある。

1人の健康な市民のあらゆる臓器を、完全に生きた状態から病人に移植するならば、
10人を救うことができる。この制度によって、この世界の生存率は飛躍的に高まった。
臓器の提供者は国民名簿から公平にくじ引きで選ばれる。
くじに当たる確率が、黒人が白人より高かったり、貧乏人が金持ちより高かったりすることはない。
すべての国民は成人に達するとともに平等にサバイバル・ロッタリーの候補者になる。
あなたはこの制度に賛成するか?

 

(おれの回答)

賛成しない。

脳死をどう捉えるかには議論があるが、「脳死=死」だと仮定して、その臓器を使うのは構わない。

だが、生きた人間の命で別の人間の命を贖うのは本末転倒ではないか。

 

交通事故と魔神

日本では毎年4000人前後の人々が交通事故で亡くなっている(2016年度は3904人)。
ある日、この国の指導者の枕元に魔神が現れ、このような取引を持ち掛けた。
「毎年500人の生贄を私に捧げれば、この国の交通事故の死者数をゼロにしてやる」。
指導者はこの取引に応じるべきだろうか?魔神は必ず約束を守るものとする。

 

(おれの回答)

生贄の選出方法により異なる。

もし生贄がランダムに抽出されるなら取引に応じるし(事故と変わらないから)、意図的に選出しなければならないなら取引には応じない。

 

10人の重病患者と1人分の特効薬

10人の人が致死率の極めて高い病気にかかったが、それを治す特効薬が1人分だけあるとする。
もちろん1人分の薬を10人で使ったのでは効かない。どうしても1人を選び出す必要がある。
どのように配分すべきだろうか?

①くじ引きで決める。
②社会にもっとも貢献しそうな人、ノーベル賞を受賞した医学者に与える。
③一番高い金額を払う人、たとえばアメリカの自動車会社の社長に売る。
④道徳的にもっともふさわしい人、たとえば犯罪で被害を受けた少女に与える。
⑤みんな死ぬのを覚悟して均等に分ける。

 

(おれの回答)

ここでは言わないが、おれの選択肢は第6の物だ。

が、敢えてこの5つの選択肢から選ぶとすれば消去法で①だ。

 

多数の命を救うために1人の尊厳を踏みにじってもよいか?

(1)人口の密集した大都市に、テロ組織が多くの人を殺傷できる時限爆弾を仕掛けた。

その組織の一員で、この計画を知っている容疑者を捕まえた。
情報では、一両日中に爆弾が炸裂し、多くの犠牲者が出ると予測される。
これを阻止する唯一可能な方法は、容疑者に拷問を加え、爆弾の場所を吐かせ、爆弾を解体することである。
このとき、この容疑者に拷問を加えてもよいか?

(おれの回答)
やれ。

 

(2)上述の状況で、テロリストを拷問しても彼が爆弾の場所を吐かないとき、彼の面前で娘を拷問してもよいか?

 

(おれの回答)

娘も同じテロリストで片棒を担いでたんならやっていい。

無関係だったらダメ。

 

どんな約束でも守るべきなのか?

AとBの乗った船が難破し、孤島に流れ着いた。
怪我をして死期を悟ったAはBに財産を託し、それを自分の甥に贈ってくれるように依頼して息をひきとった。
やがて救助されたBはその甥を捜し当てたが、彼がギャンブルに溺れた遊び人であることを知り、遺産を社会福祉事業に寄付することにした。
その方が誠実に人生を送ったAの遺産にふさわしい使い道だと考えたからである。
Aは亡くなっており、約束を破ったとしてもAに迷惑をかけることはない。
またその甥にしても、自分に金持ちの伯父がいることなど知らなかったのである。
さて、Bの行為は道徳的に正しいと見做し得るのだろうか?

 

(おれの回答)

> Aは亡くなっており、約束を破ったとしてもAに迷惑をかけることはない。
> またその甥にしても、自分に金持ちの伯父がいることなど知らなかったのである。

この前提がある限りBは何をしてもいいだろう。

 

正義のために不正を働いてもよいのか?

中学生のAくんは発展途上国の惨状に心を痛めていた。
子供たちは飢えに苦しみ、先進国なら何の問題にもならないような軽い疾病で死んでいく。
この状況を何とかするために、豊かな国に住む自分ができることをすることは義務と思われた。
しかしAくんは自分で寄付をするほどのお金もないし、バイトをできる年齢にも達していない。

Aくんは、父親の財布からお金を抜き取り、そのお金で寄付をした。Aくんの行為によって確かに途上国の子供の命は救われたとしよう。Aくんは責められるべきだろうか?

 

(おれの回答)

責められるべき。

Aくんは将来「偽善者」にしかならないであろう。

 

不正を見逃すことは許されるか?

あなたは警察官だ。ある心優しい女性が、過失により人を死なせてしまった。
しかし思いがけない偶然が続き、あなたはこの件で別の男を有罪にするのに十分な状況証拠と法医学的証拠を手に入れた。
しかもその男は強盗殺人と放火という別件で既に起訴されていた。
心優しい女性を逮捕するより、この男に濡れ衣を着せてしまう方がよいのではないか?

 

(おれの回答)

彼女がそれを良しとした時点で「心優しい女性」の前提が崩れるよね。

 

よい結果を生んだ不正にどう対処するか?

列車に爆弾が仕掛けられた。しかし、とある置き引きの常習犯がその爆弾の入ったケースを盗んで列車を降りたために、列車は爆破されずにすみ、乗客は全員無事であった。
また、盗んだ男も爆弾が入っていることを知って驚き、警察に届けたために爆弾は爆破する前に無事処理された。
この置き引き犯がスーツケースを盗んだ行為は、法律に則って裁かれるべきだろうか。それとも今回に限り、刑を免除すべきだろうか。

 

(おれの回答)

これは単なる結果論であって、なんでこいつの刑を免除する必要があるねん。

 

相手がたまたま死ななかったのは殺人と道徳的に等価か?

ある女が自分の旦那の不倫相手を殺すつもりで家に忍び込み、寝てると思われる布団に包丁で一撃を喰らわせた。
ところが布団はたまたま盛り上がっていただけで誰も寝ていなかった。

この女が包丁を振り下ろした行為は、殺人と道徳的に等しい行為なのか。それとも誰も殺していないので、殺人ほど悪くはないのか(不法侵入などは悪いにせよ)。
ここでもまた、法律の話ではなく道徳的な違いの話ね。

(おれの回答)

結果として殺してないんだからオッケーでしょ。

無人の布団で良かったねって話。

正義は常に正しい結を生むか? ~内部告発~

ある食品会社で働くA氏。A氏は自分の仕事に誇りに持っていたが、ある日、自分の会社が恒常的に行っていた牛肉の産地偽装を知ってしまった。
A氏は悩んだ末、この不正を外部に告発することにした。A氏の内部告発で産地偽装は公になり、メディアに騒がれ、会社は騒動の火消しに躍起になった。
子会社を畳んで、120人が失業した。他にもその取引先、その家族、大勢の人が多大な影響を受けた。A氏は自分の行為に胸を張ってよいのか?

 

(おれの回答)

胸を張りなさい。堂々と生きなさい。

 

アニマル・ライツ

我々よりはるかに高い文明、高い知性と豊かな感性をもった異星人に地球が侵略された。
地球人はある者は食糧にされある者は彼らの実験動物として利用され、
ある者は動物園のような施設に監禁され、ある者は身体の一部をアクセサリーとしてもぎ取られた。
地球人は抵抗したが歯が立たず、また声を上げたが彼らには通じない。

さて、この異星人の行いを道徳的に咎める資格が地球人にはあるのだろうか。
今我々が動物に対して行っていることが悪いと言えないなら、この異星人が我々に対して行っていることも、悪いとは言えないのではないか。

 

(おれの回答)

道徳的には知らないが、抗う権利はあるだろう。

 

ハインツのジレンマ

ハインツの妻は死にそうだった。唯一の頼みの綱はある薬剤師が発見した特効薬だったが、それは法外な値段だった。
原価が200ドルのところ、この薬剤師は2000ドルで売っていた。だがハインツは1000ドルしか捻出できなかった。
その金を薬剤師に持っていったが、「半分ではダメです」と断られた。「残りはいずれ払います」と約束しても、薬剤師は売ってくれなかった。
途方にくれえたハインツは薬を盗もうと思った。さて、ハインツはそんなことをしてもよいのだろうか。

 

(おれの回答)

おれがハインツだったらどんなことしても手に入れるね。

 

心優しい暴走

ある晩、友人が、あなたの子供を車で送っていってあげると言ってくれた。
その晩は雨であった。友人は飛ばしすぎて道から跳び出し、あなたの娘は死んでしまった。
友人は娘を受験勉強のためにできるだけ早く帰してやるべきだという動機で飛ばしたのだという。
友人の動機は正しいから、これは「善い行為」に偶然起こった悲劇と考えるべきなのか?

 

(おれの回答)

これはね、善意とか関係ないんですよ。

事の善悪は関係なく、この友人は一生親御さんに恨まれるでしょう。

 

愚かな善人

ビルで火災が起き、A氏は子供を助けようと窓から投げ落として、子供は落下の衝撃により死亡した。
A氏は子供を助けようと純粋な動機で行為したのだが、愚かであったために、その高さの窓から子供を落としたら助からないということに思い至らなかったのである。
つまり、行為の動機は正しかったが、行為の手段を誤った。こうした「愚かな善人」のA氏の行為をどう評価するか?

 

(おれの回答)

正しい。

911のテロの時、リアルタイムで煙と炎から逃れるためにビルの上層階から落ちてくる人々を観た。(無論テレビでだが)

あの状況下で焼け死ぬか?一刻も早くその場から逃れるか?の二択を迫られたらどうしようもない。

 

如何だってであろうか?

「ここは私も同意見」だとか、「いやいや、ありえねーべ」とか、色々考えて楽しんでくれたらいいと思う。

なにせ、正解は無いのだから。

 

おれ自身こういう思考実験は好きなので(ヒマなもんでね)、こういうのまたやっていきたい。

 

じゃあまた。

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA