【この曲を聴いて死ね】tumblin’dice – 華原朋美


どうも。

 

今回は華原朋美の『tumblin’dice』だ。

ご存知の方も多いと思うが、当時華原朋美はプロデューサーの小室哲哉と付き合っていて、この曲が出る前に破局したらしい。一説では、小室は華原への「当てつけ」でこの曲を提供したとされる。

 

というのも、この曲はそれまでの華原への提供曲と違い、小室の音楽的趣向を優先していること、また、歌い手の技量などまるで考えていない転調などが挙げられる。

実際、華原はこの曲をマトモに歌えていない。

CD音源でこれなのだから、生歌は如何に酷いか想像がつくだろう。

 

だが、これこそロックだ、とおれは思う。

 

この完成された楽曲に対して未完成でヘロヘロなボーカルこそがロックなのだ。

この曲をサラリと歌えるボーカリストはごまんといるだろう。

 

だがそれじゃない。

 

この危ういバランスの上に成り立っているものこそが、この曲の最大の魅力なのだ。

 

ではまた。

 

(Visited 162 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA