【YZF-R25】アクラポヴィッチ スリップオンマフラー レビュー


どうも。

 

9月に取り付けたアクラポヴィッチ スリップオンマフラーのレビューである。

 

まず見た目。

ノーマルのもっさりしたゴツイいマフラーよりも小さく、精悍な印象だ。

見た目は小さいが、テールエンドはぶっとく、なんだかやる気が出てくる。

 

 

71owSq7pqtL._AC_SL1500_

 

音。

おれは特にうるさいとは思わない。JMCA公認だし。

アイドリングは前に乗ってたルネッサ(バイク)のほうがうるさかった気もする。

とはいっても、バイクに乗ったまま道を尋ねたときは聞き取れなくて向こうから近付いてきた。

そのぐらいの音量。

回せばそれなりの音は出る。

まあ、住宅地では低回転で走るのが吉かな。

あとよく人に「思ったよりも低音だね」と言われる。

これは、このマフラーによるものでなく、パラツインの特性です。

「ウォーン!ウォーン!」というのが聴きたけれはマルチのバイク買いましょう。

あと、アフターファイアがよく出る。気にしないけどw

 

重さ。

軽い。

ノーマルの1/4ぐらい?

これによって得られるメリットも大きい。

 

加速性能。

これはいい。はっきり体感できる。

うちのR25はスプロケ一丁下げているのでもともと加速重視なのだが、このマフラーにしてそれがさらにアップした。

街乗りでも高速でも扱いやすい。

とはいえ、リッター車と走るのはツライのは変わらない。

 

その他。

抜けがよくなった分、低速が犠牲になるのかと思ったら、むしろ増強された。

例えば、交差点の左折などで1~2速に落とさないとキツかったところが3でも曲がれたり。

 

あと、YZF-R25は比較的エンブレが強めなバイクなのだが、それがマイルドになった。

乗ってる人にしかわからないことだが、これは扱いやすくなったということだ。

 

とまあ、こんな感じで。

総じていえば、これだけのメリットがあって実売37,000円は安すぎ。

スリップオン舐めてました。すいません。

R25乗りはこれを付けない理由はない。

 

ちなみにアクラポヴィッチのこれ以外のマフラーは公道禁止なので注意するように。

 

ではまた。

 

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA