【この曲を聴いて死ね】Gas Panic! – Oasis


どうも。

 

世の中クスリの問題でやかましいが、クスリといえばこの曲を思い浮かべずにはいられない。

おれの大好きなOasisの、一番好きな曲。

『Gas Panic!』だ。

 

 

この曲は、ノエル・ギャラガーがクスリをやった時に体験した悪夢が元ネタともされる。

以下にアルバム『Standing on the shoulder of giants』のライナーノーツから歌詞を抜粋する。

 

俺の部屋のカーテンの隙間から忍び寄る

この言葉を持たない原罪の幽霊は何だ?

(略)

そう、俺の家族がまるで違うものみたいに見えるんだ

そして俺の敵全員が俺の名前を知っている

俺がおまえの部屋の窓をコツコツたたくのが聞こえたら

ひざまづいて祈ったほうがいい パニックがやってくる…

 

「俺の敵(=幽霊)」とはマスコミを指すとも言われている。

すさまじくイカれた歌詞だろう?

 

時折「ウオーン」と唸るようなギターの音。

これは幽霊を表している。

 

そしてリアムのボーカルに被せたお経のようなノエルのコーラス。

 

どれもがおどろおどろしく、サイケデリックだ。

 

【この曲を聴いて死ね】とか大仰なことは言わん。

クスリをやりたくなったらこの曲聴いて飛べ。

 

ではまた。

 

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA