警察の不祥事について


どうも。

 

警察による不祥事が日米で相次ぎ起きた。

警察に全幅の信頼を置いてるわけじゃないが、正直、何で警察が?というのはある。

 

まず、日本のケース。

 

 

警官2人にクルド人男性が抑え込まれている。

おれ自身何度か警察の世話(逮捕じゃないヨ)になったことがあるのだが、ちょいキツめの職質でも2人がかりで取り抑えるなんてことはない。

そもそも身体を触るという行為自体、余程のことでないとしない。

ましてや、無理やり座らせるなんてもってのほかである。

あるとすれば、この男性がよっぽど抵抗した時である。

ただこの映像を見る限りは警察がアウトだと思う。

 

勘違いしないで欲しいが、この映像の前に男性が抵抗していたのなら、警察の対応は正解である。

よく警察が大人しいからと舐めた態度取ってるやつがいるが、あいつら本気で強いぞ。

 

次はアメリカのケース。

 

 

アメリカの事情なんてようわからんが、こういう抑え込み方ってあるのか?

完全にギロチンニーが入っとるやん。地獄の断頭台やん。

あくまで映画の知識だが、銃構えて後ろ手にして地面に寝かせればいいんじゃないの?

これは完全にオーバーキルだよな??

 

日本とアメリカ、どちらのケースも「人種差別」として抗議されているし、アメリカなんか暴動が起きているぐらいで、行為そのものには共感しないが、主張は理解できる。

 

どちらもの抗議活動もANTIFAというテロ組織が暗躍しているのが、それと警察の行為は別物である。

 

ではまた。

 

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA