cakewalkのレシピ(曲も聞いてね!)


どうも。

作ってた曲がようやく出来上がった。

曲は「Get Wild」のRIMIX。
原曲をとどめてないけどなw

こんな感じの↓

で、これのレシピなんだけど、まずはspleeterでボーカルを切り出す。
インストールと使い方はこちら
上のやつだと「Get Wild」とか「it’s your pain or my pain」のところ。
まあ完全にオリジナルな曲作るならこのステップは別に要らない。

次にDAWソフト。
カネかけずにやるなら、cakewalk一択。
公式ページから落としてきてインストールしよう。
ピアノロールからステップシーケンス、譜面入力まで何でもできる。
これに慣れたら、Cubeseとか有料ソフトに移るのもいいだろう。

画面はこんな感じ。

画面の作りはどのDAWソフトもそう違わないだろう。

おおざっぱに言うと、左の画面で楽器を選び、下の画面でループを作り、真ん中の画面で作ったループをはめ込んでいく感じ。

ただこの楽器選びが難しい。
一応デフォルトで一通りの楽器は付いているのだが、それだけじゃ物足りない…。

そこで登場するのがVSTプラグインだ。
これは、VSTという規格に準拠していれば、外部の音源をプラグインとして使用できるものだ。
これがあれば音の幅が一気に広がる…のだが。
世の中に音源があり過ぎて目的の音に辿り着けない、というぜいたくな悩みも発生する。

一応おれが使ったプラグインを載せておく。

■MauSynth
メインのループに使った。

http://rinki.net/pekka/mausynth/

■Alter Ego
女性の声を出すのに使った。
いわゆるボカロ的な。
弄り方次第で何でもできそう。

https://www.plogue.com/products/alter-ego.html

■TAL-Elek7ro
後ろで鳴ってるミュイミュイ音に使用。

https://tal-software.com/products/tal-elek7ro

■Beat Factory Drums
その名の通りリズム隊で。

■clap machine
ハンドクラップ専用のプラグイン。
あると捗る。

次はエフェクター。

■Blue Cat’s Triple EQ
ボーカルに変化をつけるために使用。

https://www.bluecataudio.com/Products/Product_TripleEQ/

■W1 Limitter
簡単に音圧を上げられる。
持ってて損はない逸品。

http://www.yohng.com/software/w1limit.html

■SK10
ドラムをバスバスさせるよ!

https://www.wavesfactory.com/product/sk10-drum-sub-kick/

あとは標準のエフェクター使ったかな。

一応、上でできたのはニコ生用で、著作権フリー版も作ってYoutubeに上げようかと思ってる。

ではまた。

(Visited 53 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA