Twitterに物申す


どうも。

このブログはもともと、アメブロで始めて、日々思ったことやおかしいと感じたことを書き殴ってきた。
そのスタンスは今も変わっていない。
変わったといえば、Twitterと連動させるようになったぐらい。

で、そのTwitterである。
おれがアカウント作った頃は(今もあるのか知らんが)相互フォローみたいのが流行ってて、おれもポコポコ登録してた。
あとは意見の合う人なんかと相互させてもらったり。
その結果、一時期はフォロワーの3分の1がアラブ人という異様な事態も発生した。
まあそれも落ち着いて今に至る。

今もそうだが、割と政治経済ネタが好きで、そちら系のアカウントもフォロワーに多い。
フォロワー構成が歪なので、政治ネタばっかり流れてくる。

この前、安倍首相が辞意表明したときは、流石に安倍さんに関するすべてのワードをミュートにした。
それでも、間接的に安倍さんのネタが流れてくる。
あとは石破がどーしたとか、ガースーがどうのとか、どうでもいいことまで流れてきてもう辟易としてる。

あと中国・韓国ネタも多い。
おれ自身は嫌韓だが、別に朝から晩まで韓国のことを考えてるわけでもない。
だけど夜中にまでそんなツイートしてるやつがいる(botかもしれんけどね)
中国かしらんが犬料理の動画送りつけてきたやつはブロックしたわ。頭がおかしい。

唖然としたのが、立憲民主党の枝野が議員会館?だかなんだかでたばこ吸っててそこが禁煙だったという話。
みんな「ほれみろ、枝野がやったぞ!」とばかりにツイートしまくっててなんだかなあ、と思う。
政策の批判ならまだしも、たばことか別にいいじゃん。次からはそこで吸わなきゃいいんだし。

と、書くと「立憲民主党こそ与党の些細なミスに付け込んでワーギャー」となるのだが、アンタ達のやってることはまさにそれだぜ?

もちろん健全にTwitterを使ってる人もいて、それはそれでいいと思う。

ただこっちの世界はネトウヨ・パヨク・ツイフェミ・しまいにはBLMまで出てくる始末だ。

正直言って、おれはTwitter見るの疲れた。
何か訴えたいことがあったらブログのほうがいい。

何故か?
ブログでは文字数の制限がないので、「○○は××で△△だからこいつはバカ野郎なんだよ」と説明できるけど、Twitterは文字制限があるから、始めに結論ありきで書かないといけない。
そうすると、ある人へのリプライに「バカ野郎」と書く羽目になるのだ。
そしてお馴染みの通報祭りだ。
通報祭りも人の上げ足取ってるのばかりでなんだかなあ、と思う。

「通報されるようなこと書かなきゃいいじゃん」あーそうだね。その通りですね。

だからおれはTwitterから離れてゆくのだ。
まあやめないけどw

(Visited 81 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA